再生と住宅ローン
大阪 債務整理web
無料電話相談はコチラ
無料メール相談(24h内返信)

よくある質問(個人再生)
住宅を手放さずに個人再生をすることはできますか?
個人再生手続きにおいては、条件を満たすと、住宅を手放さないで手続きをすることができます。住宅ローンについてのみ他の債務とは異なる扱いをするこの制度を「住宅ローン特則」といいます。
住宅ローン特則を使うには下記の条件を満たしていないといけません。
1. 住宅の建設もしくは購入に必要な資金で、分割払いの定めのある債権であること
2. 抵当権が住宅ローン債権又は保証会社の求償債権を被担保債権としていること
3. 抵当権が住宅に設定されていること(敷地のみに設定されている場合はだめ)
4. 不動産に、住宅ローン以外の抵当権がついていないこと
この他にもいろいろな条件があり、なかなか判断が難しい場合もあります。詳しくは、お問い合わせください。

このページのTOPへ▲

個人再生のよくある質問一覧に戻る
無料メール相談(24h内返信)
事務所紹介
TOPページ

松谷司法書士事務所
┣兵庫県川西市栄根2-2-15 3F
アクセスMAP
┗電話:0120-974-316
(c) 大阪 債務整理web